ヌーブラの歴史とは?

ヌーブラという名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、まずはその歴史から簡単に説明しようと思います。ヌーブラの歴史はまだ浅く、2002年にアメリカの医療メーカーが販売を開始した商品です。そして日本に輸入されると、すぐに注目を集めることになりました。でも当初は機能性は高かったのですが、ファッション性はイマイチだったんですよね。しかし、現在ではレース飾りや女性をかわいく見せるデザインなども追及し、さらに有名ランジェリーブランドやハローキティーとコラボレーションを行うなど、幅広く展開しています。

ヌーブラの魅力ってなに?

ヌーブラには様々な魅力があります。まずは、肩や背中が締めつけられないという点を挙げることができます。これは、ヌーブラに肩紐やアンダーベルトがないからこそ可能なのです。また、それは肩や背中に広がるブラジャーのラインを気にする必要がないということなので、薄着のときや、肩や背中を大きく露出するタイプのパーティードレスを着るときに便利ですよ。そして何と言っても嬉しいのは、つけ方次第で簡単に胸を大きく見せることができる点です。

ヌーブラで乳がんを予防できる?

日本の女性が一生涯で乳がんに罹る割合は、12人に1人とも言われています。加えて食事の欧米化に伴い、その割合は増加傾向にあるため、乳がんを他人事とみなすことはできませんよね?。乳がんに罹る原因の一つとして、ブラジャーの肩紐やベルトによる締めつけがあります。何もつけないことが一番望ましいのでしょうが、まさかノーブラで街を歩くわけにもいきませんし、寝るときだけ外すにしても胸の形が崩れてしまう恐れがありますよね。そこで、締めつけのないヌーブラが乳がん予防の一助になると思います。

ヌーブラはアメリカの企業が開発した乳がん患者用のブラジャーの一種で、シリコンで作られた製品を乳房に直接貼り付けて使用します。体質によっては汗をかいたりかぶれが生じることがあるので注意します。