「壁面緑化」はヒートアイランドに効果的です!

昨今では地球温暖化の影響もあり、夏場になると高温化が問題になっていますよね。特に都市部ではヒートアイランドによって、高温化がより深刻な状況になっています。ヒートアイランドは、地表を覆う人工物の増大、そうした人工物の排熱、高密度化などといったことが原因で引き起こされます。「壁面緑化」は、植物の蒸散作用で壁面温度を下げることができますし、周辺への照り返しも防ぎますので、ヒートアイランドに有効です。また日差しを遮り、日陰をつくる効果もありますよ。

「壁面緑化」は省エネ対策になります!

夏場になるとエアコンをつけることが多くなるため、電力が不足する可能性が増大します。そのため政府も夏場になると、企業や家庭での省エネ対策をさかんに促していますよね。「壁面緑化」はその一助になります。植物の蒸散作用によって壁面温度を下げることは先程説明した通りですが、その結果、壁だけでなく建物全体の温度も下げることができます。加えて、「壁面緑化」は断熱効果がありますので、涼しい状態を保持することができます。そのため、クーラーを長時間つける必要はありませんし、設定も高い温度で問題ありませんよ。

「壁面緑化」は建物を保護します!

「壁面緑化」がヒートアイランドや省エネに有効なことはよく知られていますが、建物を保護する働きもあることは意外と知られていないかもしれません。これは緑化に、風雨・酸性雨・紫外線などから壁面をガードする効果と、壁面温度の変化を抑える効果があるからです。その結果、建物の劣化が抑えられるので耐久力が向上しますし、熱膨張や熱収縮も抑えられるので壁面の亀裂を食い止めることもできます。このように「壁面緑化」は、建物を保護し老朽化を防ぐ一助にもなるんですよ。

ビルなどの建物が多く建っている都会などでは、自然を維持する手段として多く用いられるのが壁面緑化です。壁に草花を生やして育てるので場所も無駄にとらないのです。